自作*アナライズ

作曲した内容の公開と分析です。参考となる部分があったら嬉しいです!

7/8ライブ・ダイジェスト版なのだ〜!

http://irrmeter13.wixsite.com/pianist-taka/unit そういうことで、7月8日ライブのダイジェスト版でございます。 Youtubeにアップしてもアクセスはたかが知れているので、もう最初からブログとTWくらいでOKと。 僕達の音楽は、おそらく一旦外(ドイツ・北欧…

ライブ後検証

7/8ライブは、無事終わりました。 普通、無事の後に「?」を付けるのですが、昨晩のライブは問題なかったと思います。 リハーサルの音出では、どうなるか!!と言う程にヨレヨレでしたが、これが良かったようです。反省し謙虚な気持ちで臨めたからでしょう。…

このような音源を渡します!

バンドに渡すデモ資料をアップしてみた! 普通こういう音源はアップしないのですが、たまにはイイでしょう。 作曲して資料をメンバー達に渡す時、音源があった方が良いと考えるのが普通ですが、実は若干引っかかりを感じております。 譜面だけを渡して、後は…

だってピアノトリオでしょ?

さぁ、、7月8日/四ッ谷Doppoライブが近づいて来てしまったぞっっ! 大丈夫か??(笑) ピアノトリオをスタートさせて約半年経過しようとしております。上手く行っているのか、足踏みなのか、、今ひとつ分かりませんが、最近ハッキリと理解した事。それは、…

リハーサルの出来って?

下記ライブに向けて、昨日リハーサルがございました。 7月8日ライブ(四ッ谷Doppo於) リハが終わった後、今日のリハは充実していたとか、よく分からなかったとか、そういう実感があります。 またその内容と結果を精査することも大切。 ライブ本番も同じく、…

バンドを想定しない考え方

約15年、殆ど同じ流れで音楽をやって来た。 つまり、まずバンドが在って音楽を作り始めるという。 自分の音楽を捻り出す前に既に、目の前にバンドが中心に居座っている感じ。 バンドが自分の音楽形態と信じ切ってやって来たのである。 まあ、そういう人は多…

自分の即興をコピーって、、辛いあるよ!

この譜面は7月8日ライブ・四ッ谷Doppo におそらく演奏すると思われる「Elegia」 のイントロパートとなります。ようやく整理が終わりました。 珍しくシンセ両手弾きで行きます。久しぶりの譜面アップですね。何と言うか本ブログ、本筋と申しましょうか(笑)…

幸福な一年「音楽院・寮生活」〈後編〉

ピアノの課題曲が発表になった。 僕が受けることになったのは、東京音楽大学で記憶を辿ると以下の課題だったと思う。 ベートーベン ソナタから1曲 エチュード クレメンティ「グラドスアドパルナッスム」より連番3曲 バッハ 平均率よりフーガ 2作品より選択 …

幸福な一年「音楽院・寮生活」〈前編〉

垢の他人のひとつ屋根の下で過ごす。 それが合う合わないは個人それぞれの性分であり、仕方の無い事だ。 僕は父の車で上京した。トヨタ・コロナのトランクには布団が一式。 それを寮に届けるということもあり、ついでに僕も助手席に乗って上京したのだ。 朝…

ベースレスという事!「FLAT122」

www.youtube.com 自作アナライズという本ブログでよく僕が、私の珍作「Neo Classic Dance」と持ち出すのだけれど、それでパートの譜面を掲載したりしてもピンと来ないに違いないと思うわけです。 音楽は聴いて初めて理解、腑に落ちるというところがあり、何…

腕の重さ・五本の指の独立

この記事は加筆・修正(2017.6.14)を行いました。 さて、、大昔のお話で恐縮でございます。音大浪人1年目のスタート。S音楽院「グレード分けのテスト」でソルフェージュ「Eクラス」に入れられた僕でした。このEは最も下のクラス。掃溜めみたいなものでしょ…

もう少し広げます♪「音大受験とピアノフォーム」

自作解説だけでは今ひとつ広がらないので、今回からもう少し幅を広げてまいります。 考えても見れば、音楽の進歩には様々な要素があるわけでして、理論的な解説だけではとてもカバー仕切れない。 このようなコード進行で、、と説明してもそれを弾くテクニッ…

Ⅴ→Ⅰ ドミナントモーション

何だ?そんなこと!と言うなかれ。 Ⅰ→ Ⅵ → Ⅱ → Ⅴ 1 6 2 5、、循環コードよりももっと簡単。 音楽でもっとも原始的なハーモニーであり、小学生でもバカにして笑う。 しかし、この動きほど(平均率基本の)ヨーロッパ音楽をやるにあたっては、、という条件付き…

ピアノと譜面机の角度は90°

ピアノを弾いて作曲する。 そしてそれを五線譜に書き留める。 このシンプルな動作が理想なのかも知れない。 武満徹さんの写真。 アップライトピアノと譜面を置く机が90度の角度で置かれている。 そのレイアウトが特長的かつ説得力が在る。 おそらくは、、、 …

川崎タカヲ3-0428ライブ

youtu.be日頃いろいろと、あーでもない、こーでもないと喋っているわけですが「そういうあなたの音楽は?」と言われ兼ねない。 そこで上記アップでござる。 これはタイトル通り、今年の4月28日ライブ。吉祥寺シルバーエレファントという、よくプログレの聖地…

徹底的にコードを磨く

ピアノトリオの7月8日に予定されている2回目ライブの宿題。 ワープロでざっくりとした譜面で行ったライブだったが、僕は随分上手く行ったと思う。その3曲をもう少し煮詰めようという意見がメンバーから出された。 さて、、その3曲のうちのひとつ。 「3月」と…

ドラムアプローチ、その奥深さを教えられる。

ライブ収録を繰り返し聴き、確認し、先に活かして行くことは大切です。 必須事項と言っても過言ではないでしょう。 僕は4月28日ライブ、これは吉祥寺のシルバーエレファントというところでしたが、CDRに収録していただきました。 これが1TRにまとめられてい…

ユニゾンも捨てたモノではない!

以前から「そこのパートユニゾンにします!」と言うとメンバーの誰からか否定的な意見をいただくことが多かった。が、今回我が珍曲「Neo Classic Dnace」リハーサルマークD4・D5に関しては、それはあたらない。 何しろ、これだけ悩んだパートは久しぶりだ。 …

その旋律って何処から来たの?

活動しているピアノトリオのために音楽の資料を用意する時、ベースとドラムの2トラック分をリアルタイムで一気に打込む。 気に入らなかったり間違えたら最初からやり直し。体力勝負だし時間を要しますが単純明快です。 そしてプレイバックすると、ふとその旋…

マルチトニックシステムを極める

マルチトニックシステム(以下MTS)は僕が最も好きなテクニックかも知れない。 ジャズスクールに通った1年目、理論の最後で習った特殊なコードプログレッションとなる。 MTSとは、連鎖するコードの属性が全てにおいてトニックであるという意味です。 全てが…

サウンド変化の影響

いつも音をコネクリ回しているので、サウンドに対する耳が鈍化していたように思う。 昨日のリハーサルはシンセサイザーを持ち込んだ。 このようにスタジオに持ち込んだのである。下側のピアノはYAMAHA/P90というP80の後継機としてリリース、あまり見ることの…

「即興」を考えてみる

音楽における即興である。 即興というと音楽家は大体 "ひとりよがり" だから、音楽の即興でしか考えない。 僕もそうだけれど。 今、こうして書いているから、、待てよ?となる(笑) 演劇でも絵画(ペイントアーティストのような)でも即興は大いにある。 何…

コードオンコードでイメージ表現

コードオンコードを使って複雑なイメージ表現にトライする。 バンドでコードオンコードを使用するとベースやギターなどとの擦り合わせは必須となるが、まずは自分の中で完結させると。 自己満足を否定するのは少し変かも知れない。 やたらと「それって自己満…

果てのない音宇宙 - マイルス

彼のマイルスは「この世にある、あらゆる音の組合せを全て知りたい」と、言ったそうです。音楽家としては比較にもなりませんが、気持ちだけは一緒です。 こんにちわ! このサイトを執筆?しておりますタカと申します。いつも読んでいただきありがとうござい…

ハーモロディクスとリデァンクロマティックって?

はぁ?何それ、、って方も多いでしょう。 この2つはジャズ(と言っていいのだろうか)理論でコレ!と言われる二大難解理論です。ハーモロディクスはオーネットコールマン、リディアンクロマティックはジョージラッセルがその提唱者ということになります。 …

「聴くこと」全ては耳から

DAW(要は何でもありのシーケンサー。EFとか譜面機能とか、HDレコーディングとか)が単なるテレコとなって云々("でんでん"じゃないぞぉ)は最近の日記では好きな題材らしい。 クリックは使わないとか、バンドへの伝え方とか、まあいろいろなことで書いてい…

アイデアの記録

音楽においての良き理解者であり、ライバルであり、喧嘩出来る珍しい存在でもあるギタリストのHから、よく言われていたことに「リハーサル時、手慣らしで何となく弾いていることに良いテーマがあるのに、、勿体なくないか?」 始終言われておりました。 天の…

12/8+11/8-つまり脳を分けると(@д@)/

現代音楽で確かあったような、、。指揮者が右手と左手で違う拍子を振らないといけないという難題が。作曲家・作品、誰でしたっけ?教えていただければ、少し嬉しい。 不勉強を曝け出すようで、カッコ悪いなぁ、、笑 ピアノトリオをやるのは良いけれど、4/28…

これはこれで時間を要するのである。

音楽の造り方、バンドに対するアプローチを大きく変えたのですが、これはこれで時間を必要とすることが分かって来ました。 しかし、その歩みは確実で、蛇行度合いというかその揺れは少ないのが良いところです。譜面は殆ど使わず、使うのはワープロ(遠い昔に…

メジャーとマイナーの間

今やDAWは使い勝手の良いテレコと化して弾いた音を記録していく。 実際、僕の長きに渡る相棒であるDP。 この老舗DAWの大昔のパッケージ、取説にはオープンリールが映っていた記憶がある。 つまり新時代のテレコというわけである。 そういう感覚は僕みたいな…

コード表記の難しさ

ギター、ベース、鍵盤関係などのコード楽器(という言い方はともかく)が関係してくると用意する楽譜にコード表記をすることになる。 クラシック音楽ではコード表記はないけれど、バンド音楽においてメンバーとのやり取りの要素としてコードは肝となる。 特…

おそらく、この先ずっと、、、。

youtu.be あまり言い切るものではないと思う。自分が嘘つきになっちゃうから。 とはいえ、このFLAT1-22ってのは2005年5月から始まった由緒あるバンドなんだね。 でも、いろいろあって、こうしてメンバーが僕以外変ってしまった。 というか、すっかり休眠して…

Spiralをこの編成でやるってか?

クラリネット、ピアノ、ドラム、、、だけ。 こういうバンドです。 https://youtu.be/4FwYegY7UuY これでSpiralという小生の作曲した中では無用に長いうどの大木のような曲。 これをこのキチガイみたいな編成で演奏するわけです。 リハーサル進めております。…

今年復活劇は上手くいく?

この低域の支え方。 これが何を意味するのか? これだけ左手が下まで行っているのは、クラシックかバンドであればベースレスということになる。 最近のユニット(バンドではない、ユニットである)ではなかった譜面面(ふめんづら)となる。ピアノの教則本で…

作品の構成で深い悩み。

悩みと言っても、これも楽しいことなのかも知れない。 今、鍵盤×2、ドラム×1という編成のために、以前バンドでやっていた「Blue M.S.」という作品を白紙からやり直しています。 原曲を活かし切るという手も考え、途中まで進めましたが、中止と。 自分の最近…

怪獣好きは音楽に影響があるのか?

あるでしょうとも! いや、あると思いたい。 そういうことで曲分析という堅苦しい話題ばかりですので、たまに怪獣ベスト10行きましょうか。 先だってTV(NHK)でウルトラ五十周年をやっていたわけです。その出し物の怪獣ベストランキング、、1位は何とゴモラ…

「波濤」のアレンジ作業を終了。

着手したと書いて、今度は終了? つまり日記をサボっていたわけだ。 まあこうした日記というのは後工程の更にまた後。 時間に余裕がある希なケースで書くものなので、と弁解するわけです。 まっ、とにかく、こうして4作品全て当初の予定通りにリアレンジを終…

「波濤」に着手

「波濤」は林芙美子の小説のタイトルである。 それは後から知ったことだったが(不勉強なことで恥ずかしいです)、 モデルとなった町は「釜石市」だった。 この偶然を今でも気に入っている。 生まれ育った町、北の隅っこにある鉄と魚の町「釜石」 波濤は、僕…

「Matsukura Snow」をシンプルに!〈完〉

「完」とか「終」って昔のNHKドラマなどでよく見かけたけれど、今も最終回には表示されているのだろうか? TVと言えば、ニュースとサザエさんくらいしか見ないので(笑) ということで、このどうにも悩ましかった本作品も作業完了となりました。 まあ、何と…

「Matsukura Snow」をシンプルに!〈続〉

てなことでこのやたらとゴチャゴチャとしていたダメダメな構成を整理するという記事を昨日書きましたが、ようやくほぼ完成したところです。 「ほぼ」というのは細かいパートのつながり、それから最後の終わらせ方で若干の手直しを残しているからです。 コー…

「Matsukura Snow」をシンプルに!

という主題通りシンプル化はほぼ終了。 後残すところはエンディングだけ。 これが終わると3曲仕上がったことになる。 明日の土曜日、日曜日をかけて細かい修正をかけて完成。 どうしても聴かせないといかない人がいるので、目が45度ほどつり上がっております…

「Matsukura Snow」心にある記録・一年前の自分を眺める

なるほど、この様だったな、という一年前のページである。FLAT122を再生すべくギタリストを探していた時期だ。結局4曲のデモを作り、ギタリスト達に聴いてもらったということになる。結果は無視されたり、技術的に難しいと逃げられたり、忙しいので無理と言…

Spiral/ライフワークとなる〈05〉肝のミニマルパートだ!!

中間部に入るミニマルパート。 これか本作の最もな特長となる。 ミニマルとはミニマルミュージックのこと。 代表的な作曲家としてスティーヴライヒ、フィリップグラスがあげられる。 シンプルでコンパクトなテーマを繰り返し、楽器の出し入れや、ブレイク、…

Spiral/ライフワークとなる〈04〉

ここで自作「Spiral」の簡単説明を。 FLAT122の中心を成す作品です。作曲したのは26歳の秋頃です。幾重にも渡る改良で完成されました。収録されているアルバムは1stアルバムである「THE WAVES」で一海外評価はそれなりにいただいております。何かこのアルバ…

Spiral/ライフワークとなる〈03〉

更にテーマをしつこく掘り下げる。 DmとAm、一体どちらがテーマのトーナリティとなっているのか? なかなか決着が付かなかったのですが、試してみたい編成に合わせてリアレンジを進めていたところ、やはりこれは最初に作曲した時点でのDmなのではないか、と…

Spiral/ライフワークとなる〈02〉

何しろテーマを掘り下げるか! こちらはSpiral分析の続編です。 よろしかったら〈01〉も合わせてご覧ください。 この作品は規模が大きいので、またこれからも演奏を続けていくと思います。 そんなところから、時々、こうして補足的に分析をアップしていくつ…

作曲を掘下げるのはバンドで!

MODE7は完成した。 しかし、これをバンドでやっていくかどうか? それは別問題。 またこの7曲を全てやるのではなくて、抜粋するという手もある。 次に取りかかっているのは、3日前に見つけた埋もれていたデータ。 これを復活する可能性のあるバンド「FLAT122…

作曲中「MODE7」リアルタイム的に記録

正真正銘!本当の新曲 あくまでも「的」です。 本当にリアルタイムではない。でも大凡のところ沿って行くつもりです。 さて現況、そろそろ完成間近というところです。 モードというのはジャズで使用されるスケールのこと。 旧来のジャズからの脱却を目指しマ…

Spiral/ライフワークとなる〈01〉

自作中、もっとも大きな作品。 タイトル:Spiral作曲日時:1985年頃 秋から冬頃作曲場所:練馬区栄町(江古田) 音 源:下記Youtubeページにてご試聴ください。 www.youtube.com SpiralはNeo Classic Dance と同じ年に作曲された。おそらく秋から冬にかけて…

Neo Classic Dnace / とても自分らしい作品

〈改訂01〉 タイトル:Neo Classic Dnace作曲日時:1985年頃 夏 バイトの昼休に作曲作曲場所:練馬区栄町(江古田) 音 源:下記サイトのUNITページにてご試聴ください。 バイトの昼休に作曲というのが特長か。 当時、僕はようやくひどい生活から抜け出しか…