読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作*アナライズ

作曲した内容の公開と分析です。参考となる部分があったら嬉しいです!

怪獣好きは音楽に影響があるのか?

あるでしょうとも!

いや、あると思いたい。

そういうことで曲分析という堅苦しい話題ばかりですので、たまに怪獣ベスト10行きましょうか。

先だってTV(NHK)でウルトラ五十周年をやっていたわけです。その出し物の怪獣ベストランキング、、1位は何とゴモラでした。

ゴモっとも、、なんて言わないでね。

僕は違う結果でしたので、ここでひっそりと発表しておきます。

ここでは敢えてゴジラガメラ、サンダ・ガイラ(傑作です!)という映画派は含まないようにします。あくまでもTV、ウルトラ怪獣です。

 

1.ジャミラ/初代ウルトラマン

迷わない堂々の1位。物悲しい怪獣。というか宇宙星人。水に弱いという意外に戦力的にコストのかからないタイプなんだな。ウルトラマンが悪に見えてしまうというところがミソ。ウルトラシリーズが多分に社会派だったということの分かりやすい例でしょう。因にこの宇宙星人は富士隊員の桜井浩子の最もすきな怪獣(宇宙星人)だそうです。六本木の森ビルで行われたウルトライベントに子供と行った時に、入り口付近に立っておりましたが、TVの印象より数倍不気味でしたね。凄いデザインだな、と感動したものです。名の由来はアルジェリア独立運動家である「ジャミラ・ブーパシャ」ということらしいです。

 

2.三面怪人「ダダ」/初代ウルトラマン

タイトル:人間標本の主役。最高ですね、このお方。ジャミラと僅差でした。このシマシマのデザインと頭でっかちなスタイルは、どこか昔の青林堂の漫画みたいです。ダダはどちらかというと頭脳派ですので、喧嘩はちと弱い。すこしナヨナヨしていて、そこがまた特長でもある。ウルトラマンが両手を真っすぐ延ばして飛ぶのに対して、両手を広げて飛ぶところが楽しい。ダダのお人形をシンセの脇に置くと、よくいるタイプの音楽家の一人でなってしまいそうで怖いが、しかし時間の問題であろう。

 

3.エレキング/セブン

タイトル:湖の秘密に登場の通常怪獣タイプですが、人気がかなりある方です。牛さんみたいな模様と、グルグル回る角?が特長。

また湖から出て来るところが何とも魅力的で、場面設定も秀逸でした。やはり怪獣のデザインに限ればウルトラセブンが最盛期と言い切って良いと思います。好きなシリーズは初代ウルトラマンなのですが。

この怪獣を操っているのが少女の双子というところが、どこか横溝正史的(ウソつけ、、笑)でインパクトあり。余談だがこの放映日、僕は親戚の家に家族と出かけていて生放送を見ることが出来ませんでした。放送が始まったとき、我が家のいすゞ「ヒルマン」はトンネルの中でしたが、僕はあまりのことに涙が止まりませんでした(笑)

 

4.ペギラ/ウルトラQ

これは僕が特撮というものを最も意識させられた作品です。ペギラというのは確か2作制作されていると思います。「ペギラが来た!」と「東京氷河期」ですね。ペギラというのは放射能の影響によりペンギンが突然変異して巨大化したという成り立ちの巨大怪獣です。ウルトラQはどちらかという小振りな怪獣が多いですが、その中にあって堂々たる存在感です。ウルトラQはハッキリとしたヒーローの居ないシリーズですが、場面によってはウルトラマン以降のものよりリアリティを感じるところがあるのは、どうしてなのか不思議です。このペギラ2作もそうです。南極で最初にこの怪獣が登場する辺りは、どうしてなかなか不気味で迫力があります。ペンギンというよりトドに近いと思うのですが、まあその辺は愛嬌でしょう。

 

5.ガラモン/ウルトラQ

誰もが推す傑作怪獣でしょう。そのこんもりとした格好。「松ぼっくり」のような風情。カシャカシャと機械的な音を立ててギクシャクと歩くのは、滑稽さと気味の悪さとミックして視聴者に何とも言えないイメージを植え付けたと思います。また、このガラモンというのは実は宇宙人に操られているのですが、その人間に化けている痩せた不気味な男がなかなか良い味をだしているのですね。最後、作戦に失敗したということで仲間に見捨てられ処刑されてしまうのが何とも恐ろしい。このウルトラシリーズでは、怪獣が実は操られたものであるというストーリーが形を変えて散見されますが、そこには何か人間社会に対して警鐘を鳴らす意図があったのかも知れません。どこかしら社会的なスタンスはこの時代の番組では珍しくはなかったのですが、子供番組を単にヒーローものにしないで、どこか考えるヒントを埋め込むというのは素晴らしいことだったと思います。

 

6.雪山怪獣「ウー」/初代ウルトラマン

このネーミングですよ。「ウー」の名の由来を知りたいものです。

因に、うちの嫁の一番好きな怪獣です。

雪ん子とセットですね。この怪獣はこの少女の無くなった母親の亡霊という設定です。

そこがまた、雪山のイメージと相まって独特な世界観を演出しております。

調べたところ、ウーの体重は0kgなんだそうです。

まあ亡霊ですから。しかしウルトラマンにしっかり投げ飛ばされたり、スキー場を破壊したりします(笑)

そういった戦闘モードになると瞬時に目方が増えるのかもしれない。

最後はウルトラマンに負けるわけでもなく消えてしまいますが、それもまた亡霊ですから。勝った・負けたというのはおかしいでしょう。

正しい終わり方です。

最後、雪ん子は死んじゃったのでしょうか?

知恵袋にもこの質問をしていた方がいらっしゃいましたが、ウルトラマンってわざとこうしたハッキリしない終わらせ方を時としてやりますね。

ナレーターに意味深なことを言わせたり(石坂浩二さんが担当していたりしました)して何か心憎いです。

 

7.宇宙恐竜「ゼットン」/初代ウルトラマン

ウルトラマンが負けた!!

これは小学校4年生だった僕にとって、大変な衝撃でした。

次の日の月曜日、登校する路での男子生徒は口から泡を飛ばして驚きを表現しておりました(笑)

ゼットンウルトラマン(初代)を倒したことで一気にスターダムにのし上がりましたが、実はその姿形も魅力的です。蝉のようなクワガタのような、虫系のデザインですが、全体として悪魔的な表現をしており上手く行っていると思います。その黒っぽい身体とは対象的に顔面中心と胸に黄色く光る鮮やかな部位があって、そのアクセントがゼットンという子供ファンにとっては最悪のキャラを押出しているわけです。沈黙の悪魔とか言っている割には自分で「ゼットン」とブツブツ喋ってしつこく主張しております。強かった割には、科学特捜隊のペンシル爆弾にあっけなくやられてしまいました。

 

8.ケムール星人/ウルトラQ

尖り帽子のような頭の形。グルグルと動く眼球。長身痩躯で足も速い。

特長満載の人気キャラです。

名場面はパトカーに追いかけられて走るシーン、相当笑えます。バカにした笑いではなく微笑ましい。

夜の遊園地の観覧車のところで巨大化するシーン。これはもう天才的な場面設定です。

つまりケムール星人は、作品ひとつで魅力が感じられるということだと思います。

ウルトラQを見ていたのは、重度の小児喘息で1ヶ月の入院生活から開放された頃でした。少しづつ体力を取り戻して小学校に復帰した頃と重なります。

それにしてもケムール星人の走り方、独特です。

これは随分と演出を突き詰めたのではないでしょうか?

 

9.バルタン星人//初代ウルトラマン

あまりにベタなので止めておこうかと思ったけれど、まあ入れておかないと。僕が聞いたところでは、このバルタン星人の名は、フランス歌手のシルヴィ・バルタンからとったもの、、ということでしたが、実はそれは違うようです。本当は紛争地域だったバルカン半島からとったものだったらしいです。ただ子供人気番組でもあり、シルヴィ・バルタンということにしておこう、、ということが真実らしいです。バルタン星人で実は難民なんですね。星を失って漂流していたということになっている。それは現在の難民問題にもつながる。バルタン星人の完璧な姿と高い知能はやはり魅力的です。ウルトラマンコスモスで「バルタン」という映画が制作されましたが、これは実はなかなかの傑作です。ウルトラファンの皆様は是非ご覧あれ。

 

10.ベムラー//初代ウルトラマン

記念すべき、初代ウルトラマンの1回目作品です。このベムラーを追って地球にやって来たのがウルトラマンでした。ウルトラマンてのは宇宙の警察官みたいなものですから。誤って衝突事故で命を失ったハヤタ隊員のために、憑依(同体となり)して地球平和のために残ることにしたわけです。ベムラーは青い球体に変化、マッハのスピードで飛行出来るわけですが、その割には恐竜タイプなわけです。その違和感は実は僕としては決して嫌いではないのですが。追ってきたウルトラマンは赤い球体でした。その対比が魅力的に感じられ、今でも印象に残ります。ベムラー自体のデザインも旧恐竜タイプながらどこか歪な特長があって数多の怪獣の中でも魅力的だと思います。

 

はい。如何でしたでしょうか?おそらくウルトラファンは皆、贔屓がございますから全く違っている方も少なくないでしょう。でも違いもまた楽しいですよね。

ウルトラマンが僕の少年時代在ったことが幸せでした。今、これを書き終わっての実感です。ではまた♬