読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作*アナライズ

作曲した内容の公開と分析です。参考となる部分があったら嬉しいです!

これはこれで時間を要するのである。

音楽の造り方、バンドに対するアプローチを大きく変えたのですが、これはこれで時間を必要とすることが分かって来ました。

しかし、その歩みは確実で、蛇行度合いというかその揺れは少ないのが良いところです。譜面は殆ど使わず、使うのはワープロ(遠い昔に死語)です。

テキストで、説明するのが僕のメンバーに対する新アプローチです。

例えば、、

「このパートはピアノは不協的に、Dm/Amのコード進行にそれぞれC#・G#、G#・E♭を付加します。」この様な感じです。

先ほど、このハーモニーのケーデンスを変えて、トーナリティがD(もしくはDm)のところで、最終的な響きをF7としましたが、これがとても良い意味でニュージャズの響きがして、おおっこんな隙間時間で最大効果(笑)と笑顔な自分です。

1日かけてもろくな結果も出ない時もあれば、こうして数分でアイデアが浮かぶ時もある。音楽が複雑に要素が絡み合った表現芸術だからでしょう。

このF7のポイントはF7はコードオンコードのボトムを受け持ち上側でGが鳴っているところです。このGはテンションはないトライアドコードで実にシンプルなものです。でhないとサウンドがまとまらない。

また、F7は「B」という#11を触っているので、この音はGにおいての3度になりますが、これを弾くと重なってしまい響きを重いものとします。

また現代的な響きから、かなり野暮ったくなるところもあり、右手でBを弾くのは避けるというところが注意点としてあります。

こうしてコードと説明を出来るだけ簡潔にして、またパートそれぞれの尺と小節線の存在を出来るだけ意識させない、設計図をピアノトリオのドラムさんとベースさんに渡します。

こうして演奏家に出来るだけその裁量を委ね、でありながらしっかり自分の造った枠内でイメージ表現するというのが自分が昨年からの蛇行の果てに捻り出した新機軸です。

譜面よりも、口伝てで、そして出来るだけイメージを伝えて音にしてもらう。

そういうことだと思います。

DAW、脱クリック、脱テーマ過多(笑)ということでしょうか。

ではまた!!