読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作*アナライズ

作曲した内容の公開と分析です。参考となる部分があったら嬉しいです!

「聴くこと」全ては耳から

DAW(要は何でもありのシーケンサー。EFとか譜面機能とか、HDレコーディングとか)が単なるテレコとなって云々("でんでん"じゃないぞぉ)は最近の日記では好きな題材らしい。

クリックは使わないとか、バンドへの伝え方とか、まあいろいろなことで書いている。

そして作品は出来て、譜面代わりのワープロをメンバーに渡したが、さて本日は来週に迫るリハーサルに向けて、少しさらっておくか!と気合いを入れたが、、、。

クリックも小節線も不在、いつもは頼りとするリハーサルマークもない。とりあえず出来上がった作品を流して、ピアノでそれに合わるというたどたどしいアプローチで始めたのだが、、、、。

これが、つまらん!

またまた大滝じいさん+官房長・一徳さんのキンチョー「おまえの話はつまらん」(詳しくはYoutubeにてどぞ)の世界へ。

何を言っているか分からない人は、気にしなくていいです。

さて、駄目なんですね。こういう作曲の仕方のモノをテレコ代わりとはいえDAWを引っ張り出しては。

猛省しつつ、愛用のDPはすごすごと終了して、例のワープロ譜面?を画面いっぱいに広げて、これを見ながら、弾いて行きます。

ところどこに「ゆったりとした3拍子系で」とか「ここは拍子の考え方を無視して」とか説明があるところが良いですね。自分で言うのも何ですが。。

そしてこうして練習していると、余計なところ、繰り返しの要らないところ、逆に必要なところが分かって来ます。

不思議に「嵐の改訂男」はどこかへ旅立ったのか?鳴りを潜め、ハーモニーを中心とした音楽的な変更は殆どないですね。

問題は、バンドです。音源を渡してあるので、出来ない!とは言わせないぞ(笑)音を聴いて判断する。

全ては耳から。

譜面を見てとか、見た目のコード表記に右往左往しないことだ。

ワープロに書いてあるコードはあくまでもガイドとしてのものだ。

旅行ガイドを見たって、実際に現場に行かないと本当の感動は来ないだろう。

下手をするとガイドが間違っていることだってあるに違いない。

とにかく聴いて自分の行き先を判断して欲しい。

昨今、聴き倒しているECMのアーティスト達が当り前にやっていることだが、国産アーティストは、やたらと前口上が多過ぎて、アカデミックに理論を展開し過ぎる。

理論は音楽の検証のためのモノであり、更に自分が先々音楽において変化を欲するときのひとつの糧みたいなものだ。

聴いたことが何よりの真実なのだということを個人的には心に刻みたい。

さて、もう少し練習してウォーキングに出かけましょう。