読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作*アナライズ

作曲した内容の公開と分析です。参考となる部分があったら嬉しいです!

ハーモロディクスとリデァンクロマティックって?

はぁ?何それ、、って方も多いでしょう。

この2つはジャズ(と言っていいのだろうか)理論でコレ!と言われる二大難解理論です。ハーモロディクスはオーネットコールマン、リディアンクロマティックはジョーラッセがその提唱者ということになります。

 ジャズ理論という言い方は出所から分かりますが、理論にジャンルも糞もない(失礼しました!)と思いますがね。天の邪鬼なもので、すんません(>□<〃)

因にリディアンクロマティックの日本初翻訳を行ったのは武満徹さんでした。

オーネットコールマンはサックス奏者で自身の作曲、演奏の根幹を成すルールというのかメソッドというのか、確立したわけです。

ジョーラッセルは音楽家というよりは作曲家であり学者というイメージが強いです。

何故、急にこういった理論体系を持ち出したか?と言いますと、今年活動を始めたピアノトリオのドラマーの佐山さんとのFBチャットでオーネットコールマンと言われて反応したからです。根っから単純なのです〜。

正直、僕のOC(面倒なのでこのような表記にて)に対する知見は皆無に等しく、せいぜいパットメセニーOFFRAMPでオーネットにトリビュートしたという作品で間接的に訳の分からない音楽として心に刻まれた程度でした。

しかし昨晩遅くまで、その理論をネットで調べたり、音楽を聴いてみましたが、これは今更ながら驚いたというわけです。無知というのは実際罪ですね!勉強しないと駄目だな、これは!!と肝に命じた次第。年齢は関係ない、何時までも勉強なのですね。

辛く考えないでパズルを解くように楽しくまいりたいと思います。

OCの理論はサックスの運指と主音の考え方、それから彼自身の勘違いから生まれたとも言われております。楽器はご存知の通り、キーが異なります。全てがCだったら良いのになぁ、、と考えたことは誰でも経験ありでしょう。

OCはアルトサックス奏者ですが、テーナーサックスも演奏出来たそうです。そこで運指は同じながら、キーが異なる。というところからこの理論を着想したのではないか?という説があり、最もだと思います。

キーが異なると普通は移調して合わせます。B♭楽器はピアノに合わせるために長二度上げることになります。E♭楽器は短三度下げることになります。彼はそれをそのようには考えず、例えばオケとの共同作品のさいには、移調せずそのまま演奏するスタンスを採ったということになります。こうなるとハチャメチャな音楽になりますが、そこに更に自分なりのルールを設けて音を整理し、聴かれる音楽として噛み砕いたところまで持って行ったということになるのだと思います。

またOCは、ジョーラッセルの講座にも参加しており、ここから何かしらヒントを得ていた可能性も大です。

GR(こちらも面倒なのでこのように表記)の方は以前から意識されたものとして身近なものでした。リディアンスケールというモードから選ばれたひとつの旋法によって音楽を成す理論の全体を紐解くというなかなか大変な(笑)難解かつ壮大な理論ではありますが、僕は面倒は嫌いなので、自分なりに解釈しちゃってます。

クロマティックというのは半音のことです。よってこの理論の言うクロマティックとはAny keyのことであろうと思います。

他にも主要モードがある中でこのリディアンが選択されたのは、おそらく特性音である#11が12音階の支点であり橋のような役割を担っているからです。

これが在って12のキーは遺伝子の配列の如く接続されている。よってリディアンスケールほどハーモニーとの関係性が深いスケールはないと僕個人は感じます。

コードからモードを考えるのではなく、逆にモードから考えられるコード割り出すと良いと思います。

例えば、Cリディアン(特性音=F#)に類するコードは?と考えるとこの理論を整理して行くスタートラインに立つことが出来るかも知れない。

Cリディアン:CM7(#11) F#7(♭5) Am(6) D7 Em7.9

こんな感じ、、。この中でⅡ-Vを作ることが出来るコードの組み合わせがあり、そのハーモニーの展開においてCリデァンを使用すると小さな音楽のカタマリを拵えることが出来ます。(Ⅱ-V:Am(6) D7)

そしてそれをAny keyで考える。またはここにマルチトニックシステム的な考え方を導入すると更に変態な音楽になることが予想されます。

マルチトニックシステムもまたこのOCとGRとの関係性が濃いですね。

ハーモニーの展開の新機軸。全てがトニックという要素であり、そこに従来のコードの関係性を持たせない。その代わり、その根音(ルート)の変化に一定のインターバルを持たせるということです。

こうして考えるとGRと比較するとOCの方が断然、感性、直感に重きがかかっており、難解で訳が分からないというのなら実はOCの方かも知れませんね(笑)

しかし、大切なのはこうした数理的なことではなく、音楽自体です。

理論があって音楽があるのではない。理論は音楽の僕です。実際OCの音楽は素晴らしく面白く、楽しいものです。

アルバムにもよると思いますが、僕が聴いた限りでは(その演奏で紡いだされるフレーズは)よく練られたものです。

最近ECM系ばかり聴いていた僕には、ドーンとデカイ石を落とされた感じです。

ECMの多くのアーティスト達が影響を受けているわけでもあるのですが。)

難解な理論だから、音楽が比例的に素晴らしくなるという考えはないと思います。

音楽が素晴らしかった、凄かった、、何をやっているのか調べたら新機軸な理論だったという見方になるのではと。

検証と実践、先々の自分のイメージ表現のひとつの要素として理論はあるだけです。

大袈裟に頑迷に考えるのは好まないです。

若い頃、ジャズスクールで2年間理論を学びましたが、その後1年間、作曲が出来なくなった記憶があります。理論の下に自分が入ってしまうと、このようになります。

理論はあくまでもツールのひとつ。そのように考えて行きたいものです。