自作*アナライズ

作曲した内容の公開と分析です。参考となる部分があったら嬉しいです!

マルチトニックシステムを極める

マルチトニックシステム(以下MTS)は僕が最も好きなテクニックかも知れない。

ジャズスクールに通った1年目、理論の最後で習った特殊なコードプログレッションとなる。

MTSとは、連鎖するコードの属性が全てにおいてトニックであるという意味です。

全てがトニック(主和音)であるので、誰もが知っているⅡーVーⅠというような関係性を持たない。

だからと言って、乱暴に何も考えずに和音を並べ立てて「これ一応全てトニックなんで」(笑)とか言われても困ってしまうのである。

そこには自分なりの関係性におけるルールを設定する必要がある。

分かりやすい設定は、ルート(根音)の動きに一定のインターバルを設けるというものだ。

例)下降形にて演奏される。

B♭m7.9 → Gm7.9 → Em7.9 → C#m7.9

上記の通りルートが短三度のインターバルをとっている。これによりトニック同士の関係性がないものの、音楽的な収まりが付く。

音楽の自由は須くルールがあってのものである分かりやすい事例だと思う。

ただ僕の場合は、実はもっといい加減で、実際の使い方は下記となっている。

B♭m7.9 → Gm7.9 → E♭m7.9 → C#m7.9

3番目のところが半音下にポジションをとっている。

それでいて最後は一緒なので、次半音上がった狭いポジションとなって収束する。

変則的なMTSと言える。

(2005年にリリースされたFLAT122の1stアルバムより「Neo Classic Dance」)

これは、おそらく次の2点が考えられる。

1.全てを短三度とするという無機質性を嫌ったということ。

2.ピアノの右手で奏でる旋律が主導であり、それがこの形を要求していること。

 

ex.68B→71B マイナーコードによるマルチトニックシステム(但し変則的なもの)

f:id:ktg0912:20170329075738p:plain

 

まあ、作曲というのはこの辺、いい加減なものなのである(笑)聴いてしっくり来る。

自然に感じることが大切ということだろうか。

ここではマイナーコードの事例だったが、もちろん普通にメジャーコードであってもOKなのでトライしていただきたい。

また、応用例として、この1つのトニックに対して、全てドミナントを前に持って来るという方法もある。それによりトニックの響きをより強調することにもなり、音楽に大きな立体性を持たせることが可能となる。

こうしていくと、ある程度のメカニカルなテクニックは持っていた方がいいのかも知れないし、またこうしたイメージ表現につながる技術を使いたいという強い意志があって本当のテクニックが生まれて行くというのが音楽的なスタイルだと僕個人は考えております。