自作*アナライズ

作曲した内容の公開と分析です。参考となる部分があったら嬉しいです!

ユニゾンも捨てたモノではない!

以前から「そこのパートユニゾンにします!」と言うとメンバーの誰からか否定的な意見をいただくことが多かった。が、今回我が珍曲「Neo Classic Dnace」リハーサルマークD4・D5に関しては、それはあたらない。

何しろ、これだけ悩んだパートは久しぶりだ。

あるパートにおいて、ぐずぐずと何時までも悩み続けるというのは僕の場合、定番であります。壮大な「試行錯誤の双六」を巡ってスタートに戻ってしまったりする。

結局、このパートをユニゾン主体(あくまでも主体です。)に戻したのは、2005年時のFLAT122のオリジナルに内容を戻したということになる。

試行錯誤がループ状態となり自分ではどうにもならない!と悟った時、その作品が最初に完成をみた時点に戻ってみるのは、正しいのかも知れない。

8小節を2回繰り返す。ベースとピアノとの関係は、2回目でユニゾンの上下を交差させる。シンプル極まりないが、これが一番力が出るし、ピアノを弾いていて「うんうん!」と頷ける(笑)

ex.D4・D5:ベースライン、前半ピアノの左手とユニゾン、後半でピアノ右手とユニゾン

f:id:ktg0912:20170415113632p:plain

よくメンバー達から言われる最もカチーンと来るお言葉(笑)

それは「何かゴチャゴチャしていてわけが分からない!」これです。

きっとどのバンドさんでもこういった意見出てないでしょうか?

実はこのような意見が出るバンドさんは健全です。バンド健康診断があるとしたら再検査がないでしょう。

さて今回のこのユニゾンに戻したのは、実は自分が「ゴチャゴチャしていて気持ち悪くなった」からなのです。

作品全体を見通すと、そのパートに納得出来る手を入れたとしても、何か散漫でメリハリがないというイメージがある。

そんな時は、間借り也にも一度CD化されたオリジナルに立ち戻るのが肝要かと思うのです。そして例えユニゾンでもそこには工夫の余地があり、深堀して行くわけです。

ピアノは上記譜面D4とD5を同時に弾いております。ベースは物理的にそんな演奏は不可能です。ということで横に並べて数少ない変化の要素としたわけです。それだけでサウンドにメリハリが付き、全体にも良い効果があったように思います。

これを明日のリハーサルで確認してみます。

ではまたお会いしましょう♬